OEC 9900 Elite

デジタルモバイル イメージングシステム

OEC 9900 Elite

デジタル・モバイル・イメージングシステム

手動タイプ(スタンダードCとスーパーCの2種類)と電動遠隔操作タイプ(MD「エムディー」)を擁し、各々に卓越した唯一無二の画像処理機能と操作性を製品化。
整形は元より全身血管から循環器領域の血管造影診断/インターベンションまでを高精細高画質X線透視画像で支援可能なプレミアムな外科用イメージとして仕上がっております。
その製品レベルは外科用イメージの領域を超え、据置きアンギオ代替の領域に本格的に踏み込んだと言えるでしょう。
活躍の場は幅広く、オペ室から、ER、ICU、CCU、アンギオ室、カテ室まで網羅します。

product02j-01.jpg

ワンタッチで最適画像にする「DRM」

DRMは、領域に応じて骨と血管を個別にコントラスト調整し、画像輪郭の強調、電気的ノイズの低減、背景の均一化を行うことで、関心領域ごとに鮮明度を最適化する独自技術です。
プリセットされたイメージング・プロファイルを選択するだけで容易に画質の最適化を行うことができるため、検査や治療時間の大幅な短縮が可能となります。

product02j-02.jpg

外科用X線装置には不可能だった血管画像の抽出を初めて可能に

Vas MTSは、全下肢等の四肢領域において寝台またはCアームを移動させながら撮影を行う際に、常に背景に対して血管のコントラストを最適化する技術です。
従来の下肢造影では4~5回の造影を必要としていたのに対し、OEC 9900 Eliteでは、一度の造影だけで全下肢領域の血管撮影が可能です。造影剤量並びに複数回の撮影に要していた手間やX線被ばくが低減し、より安全で、より低侵襲の手術を実現します。

product02j-03.jpg



戻る