Point of Care用 超音波診断装置 Venue 50

Point of Care用 超音波診断装置

Venue 50

立ち上がり時間わずか16秒。緊急救命の現場で力を発揮

product02h-01.jpg
整形外科、麻酔科、救急救命、集中治療、透析をはじめ、その専門領域で活躍される医師や、コメディカルの皆様に、超音波を取り入れた新しいワークフローを提案するタブレットタイプの全く新しい超音波診断装置「Venue50」。
小型・軽量ながら、12.1インチの画面にプレミアムな高画質、直観操作が可能なフルタッチスクリーンなど、先生方がその場で使いこなせる最新機能を1台に集約。「Point of Careエコー」の領域をさらに広げています。
  • 立ち上がり時間:16秒
  • インターフェイス:フルタッチスクリーン
  • ブローブ接続:最大3本
  • 内臓SSD:16ギガバイト
  • モニタ:12.1インチ
  • 外部出力:CDカード、USB、HDMI

指先でふれるだけ、ストレスのないスムーズ操作

例えばスキャンに使用する「Gain(コントラスト調整)」や「Depth(診断する深さの調整)」のコントロールも、画面に表示されたバーにタッチするだけ。シンプルで高い操作性を実現しました。

product02h-02.jpg



戻る